読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまちゃろぐ

ちいさな工夫でたのしい暮らし

新年を迎えて手帳に書いたこと【年末年始と手帳・後編】

f:id:namachalog:20170124210827j:plain こんにちは。なまちゃ(@namatea_bsc)です。

2017年も3週間が過ぎましたね。
タイトルの「新年」がもう時期はずれな感じですが…暖めていた記事を更新します。

さて、【年末年始と手帳・前編】では、年末に、手帳で1年を振り返ったことについて書きました。 namachalog.hatenablog.com

後編となる今回は、年が明けてから手帳に書いたことについて記事にしました。
1年の始まり、手帳を書く気持ちが一番高まっている時でもあります。

手帳の【どこに】【何を】【どんな風に】書いたのか、まとめてみました。

*今回記事の中で登場する手帳は「ジブン手帳」「星ダイアリー」ですが、どの手帳でも応用できます。

新年の抱負

定番ですね。抱負を立てるだけでは忘れそうなので、手帳にしっかり書いておきました。

前の記事でも書いたように、年末に、1年の振り返りをしました。
その時、2017年はどんな一年にしたいか考えていたので、それを文章にまとめました。

こんな感じ。

ジブン手帳の表紙をめくったところにぺたり。
…としましたが、訳あって別ページに後から移動させました(後述)。

▽素敵な企画も実施中みたいですよ!

2017ジブンProject(今年の目標)

中期目標から逆算して「こうありたい自分」をイメージ

抱負は少しふわっとした感じなので、もう少し具体的な目標を立ててみました

ジブン手帳には「今年の夢」というページがあります。
そこに、9つの項目について、「目標」と「実現するための行動」を書けるようになっています。

今年の目標と言われても漠然としていて考えるのが難しかったので、以前作った「30歳までにやりたいこと」を参考にしてみました。
「30歳までにやりたいこと」は(詳しくはまた別で記事を書けたらよいのですが)、どんな30歳になりたいか、それまでにどんなことをしたらよいかを表にまとめたものです。

その中の「どんな30歳になりたいか」というビジョンを参照しながら、今年やりたいことや、一年が終わったときにこうありたい自分の姿をイメージしてみました。

「30歳までにやりたいこと」は「仕事・教養」「対人関係」「健康」「内面」「財産」の5つのカテゴリに分けているので、それに沿って、先に立てた新年の抱負も踏まえながらイメージしました。
イメージした自分になるためには、どんなことが必要だろうか?と、実現するための行動もあわせて考えました。

それを、ジブン手帳の「今年の夢」ページに転記。したのですが。

「目標」から「プロジェクト」へ

「目標」ってなんだかわくわくしないんですよ。なんか堅苦しい感じしませんか?
だから、目標じゃなくて「プロジェクト」って呼ぶことにしました。

わたしは単純なので、呼び方を変えただけでわくわくしてきました。
プロジェクトって、ちょっと壮大な感じがして(笑)
「目標について考える」だとなんか真面目な感じですが、「プロジェクトミーティング」だと楽しげ。

というわけで、いくつかの目標や行動を「プロジェクト」としてまとめて、書き直しました。
抱負もまとめてこっちに貼ったほうが見やすそうだったので、移動させてきました。

f:id:namachalog:20170124205644j:plain

今年の抱負・プロジェクトの具体的な内容やそれを選んだ理由については、別の記事で書く予定です。

わくわくリスト

「今年やりたいことリスト」がうまくいかない

一昨年から、「今年やりたいことリスト」を作っています。
だいたい50個くらい書き出して、定期的にどのくらいできているかチェックしていました。

ところが、昨年はこれがあんまりうまくいかなくて。

原因を考えてみたところ、2つありました。

原因1:途中でリストを更新する必要が出てくること

年の初めにやりたいことを50個出して、それを1年間継続させようとしていましたが…
1年もあれば、途中でやる気がなくなったり、新しいやりたいことが出てきても当然です。
定期的に見直せる仕組みが必要だと思いました。

原因2:わくわくしないことが混ざっていたこと

例えば「経済について勉強する」とか。
正直、今のわたしにはわくわくしません。
が、昨年は、「もういい年だし経済のこととかわかってたほうがいいよね」と思ってこれを「やりたいことリスト」に入れていました。

こういう「やったほうがいいこと」は、「やりたいこと」とは別にしたほうがいいと思っています
本当に自分がやりたいことと、他者の目や世間体なんかを意識してやったほうがいいと思っていることは別ですから。
これを混ぜちゃうと、自分がやりたいことはなんだったのか、分からなくなっちゃいそうで。

「わくわくリスト」がいい感じ

そこで、今年から「わくわくリスト」形式に変更しました

「わくわくリスト」とは、CITTA DIARYの「ワクワクリスト」のことです。 (わたしがカタカナのワとクが苦手なので、ひらがなにしているだけ)

▽ワクワクリストについてはこちら ameblo.jp

このリストだと、毎月内容を見直すことになるので、やる気がなくなったものは除外し、新たなやりたいことも追加できます

また、「わくわくリスト」は、その名の通りわくわくすることしか書かないので、「やったほうがいいこと」は書けません

わくわくリスト、今のところいい感じです。

占いやおみくじ

などを、コピペしてワードに貼り付け、印刷し、星ダイアリーに貼りました。

また、おみくじも星ダイアリーに貼って、内容も書きました。

星ダイアリー、困ったときや癒されたいときに開く手帳になりそうです。

▽星ダイアリーについてはこちら www.gentosha-comics.net

まとめ

・新年の抱負
・今年の目標(プロジェクト)
・わくわくリスト
・占い・おみくじ
を手帳に書いたり貼ったりしました。

こういうのは、書いたら書きっぱなしではなく、見返すのが大事。
見返すための仕組みも作ってみようと思っています。

とはいえ、わたしの今年のテーマは「楽しむこと」。
あんまりかたくなりすぎずに、楽しみます!

それでは、楽しい手帳ライフを♪